STRUCTURE

今も将来も、快適な暮らしを<br>維持し続けるための屈強な躯体構造。

将来のリフォーム等もスムーズな二重床・二重天井及び、遮音性を高める球体ボイドスラブ工法を採用。

床を防震ゴム付の支持部材で支えることで床スラブとの間に空間を設け、天井の仕上材とコンクリートスラブ間にも隙間を設けた二重床・二重天井を採用。配線・配管等をスラブ内に打ち込まないので、将来的なメンテナンスやリフォームもスムーズ。また、コンクリートスラブには、室内に小梁が出ない「球体ボイドスラブ工法」を採用。スラブ内に球体の発泡スチロールを設置することで軽くて高い剛性を確保し、遮音性と軽量化を両立した工法です。

二重床・二重天井概念図

■二重床・二重天井概念図

ボイド概念図

■ボイド概念図

※球体ボイドスラブ工法は、完全な遮音を保証するものではありません。※二重床は遮音性能を向上させるために、脚部に防震ゴムを使用しています。このため、歩行に伴って若干の沈み込みが生じます。

強固な地盤(砂礫)に築いた信頼の基礎構造。

建物構造の重要な部分のひとつである基礎部分には、地盤の調査結果に基づいた直接基礎(ベタ基礎)により、粘土混じり砂礫層で支持しています。一部、支持層の出現深さに差があるため、ラップルコンクリートを併用しています。

基礎構造概念図

■基礎構造概念図

耐震性や腐食対策も考慮した柱構造。

主要構造となる柱の帯筋には溶接閉鎖型帯筋及び高強度せん断補強筋を一部採用し、地震時に発生するせん断力に対応します。また、鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚を確保することで、酸化(腐食)による鉄筋強度の低下を防いでいます。

柱構造イメージイラスト

■柱構造イメージイラスト

安全で快適な暮らしを守る外壁・戸境壁。

外壁・戸境壁は、縦・横ともに鉄筋を2列に組み上げたダブル配筋を採用。シングル配筋に比べて壁厚が増すなど、より強度がアップします。また妻側壁厚は約180mm・約150mmを戸境壁厚には約200mmをそれぞれに確保し、遮音性や断熱性の向上に配慮しながら、構造躯体の堅牢性を高めています。

妻側壁構造図(概念図)

■妻側壁構造図(概念図)

戸境壁構造図(概念図)

■戸境壁構造図(概念図)

室内床段差を極力抑えたフラット設計。

玄関の上がり框以外の室内床段差を極力抑えたフラット設計を採用。小さなお子様やお年寄りのつまづき事故への配慮はもちろん、掃除や家具の移動もスムーズに行える、誰にも優しい設計です。

フラットイメージ

■フラットイメージ

地震時に閉じ込めを防ぐ対震型ドア。

ドアと枠の間にクリアランス(すき間)を設けることで避難路を確保する、対震型ドアを採用。地震などの影響でドア枠が変形した際の閉じ込めを防ぎます。

地震の揺れによるドア枠の変形概念図

■地震の揺れによるドア枠の変形概念図

室内から柱型をなくしたアウトポール設計。

バルコニー側は、柱を室外側に出した、アウトポール設計を採用。居住空間から、柱型によるデッドスペースを取り除き、家具類等も配置しやすい、スッキリとした室内空間を実現しました。(一部居室除く)

アウトポール概念図

■アウトポール概念図

断熱効果を高める「Low-E複層ガラス」。

住戸内の開口部には、室内側ガラスの中空層に接する面に熱放射を遮断するLow-E膜をコーティングした「Low-E複層ガラス」を採用。複層ガラスの断熱性能(冬場の室温の保温)がより高まります。また西向きの窓には一般の複層ガラスには無い遮熱性能(西日の太陽熱を遮断)も期待できる日射遮断型のLow-Eガラスを採用し、暮らし心地にも配慮しました。

Low-E複層ガラスイメージ図

■Low-E複層ガラスイメージ図

空気環境を維持する24時間換気システム。

各居室に付けた花粉除去用フィルター付自然換気口から、新鮮な空気を常時取り入れ、室内の汚れた空気はダーティーゾーンから24時間屋外に排出するシステム(第3種換気システム)を採用しています。

24時間換気システム概念図

■24時間換気システム概念図

長期修繕計画

マンションの資産価値を維持するため、
合理的な長期修繕計画を導入。

建物をいつまでも健全な状態に保つため、長期的な修繕計画を策定。エレベーター設備、給排水設備に関する工事など、予測される項目を列記し、資金計画も含めた合理的な計画です。修繕実施時期が近づくと、管理会社より管理組合に、修繕箇所の調査・診断に基づいた予算も含めた工事計画が提案されます。

長期修繕計画とは
10年後、20年後を見据えて、マンションを定期的に修繕する計画。建物の寿命を延ばし、快適な居住性を維持するためには、外壁の塗り替えなど大規模な修繕が必要となります。そのための資金は住まう方によって毎月積み立てられています。

2つの住宅性能評価書を
取得予定。

設計性能評価(取得済)/建設住宅性能評価書(取得済)

住宅性能表示制度は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、新築住宅の基本的な性能を、客観的な基準により明らかにし、安心して住宅をご購入いただくことを目指したもので、住まう方の信頼にお応えする証。本物件は住宅性能表示制度に基づいて設計段階で交付される「設計住宅性能評価書」を取得済。完成後に交付される「建築住宅性能評価書」も取得予定です。

【フラット35】S 適合マンション。

一次エネルギー消費量等級5のため、[フラット35]S(金利Aプラン)が適合され、お借入金利が当初10年間、0.25%引き下げられます。

[フラット35]Sとは、[フラット35]をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、[フラット35]のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。
(床暖房を設置した場合等、一次エネルギー消費量の等級が下がった場合には金利Bプランとなります。)

【フラット35】登録マンション/【フラット35】S 金利Aプラン

※掲載の内容は2020年4月現在のもので詳細につきましては係員にお尋ねください。

※掲載の概念図・構造図・説明図・イメージイラスト・参考写真の内容については、官公庁の指導、施工上の都合により、若干変更が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。